トップページへ 精神医療ユーザーアンケート1000人の現状と声2版紹介 立ち読みコーナー お買い求めはこちらへドウゾ! お買い求めはこちらへ
当事者自身の調査がなぜ大切なのか? メールでお気軽にどうぞ!

会員募集

寄付募集
お知らせ なにやっているかな?? 連絡先 まずはどうぞ リンク集はおもしろい サイトマップ

ようこそNPO法人全国精神障害者ネットワーク協議会ホームページ

発足大会
【略称】NPOゼンセイネット
<はじめに>
当事者が主体的ということばが、あちこちで使われています。
主体的といった表現の中にも、現在私たちの生活が他の人たちによって決められいくといったことがおきています。
NPO全国精神障害者ネットワーク協議会は、「当事者が当事者のための活動」を基本に「当事者主権」の地域づくりを目指す活動を行っています。
 2005年、当NPO法人に運営主体変更を精神医療ユーザーによる調査研究会により調査活動も行っています。

最新のお知らせ



全国調査を2月末日終了しました。1000人を超える協力ありがとうございます。
2皆さんのアンケート責任もってお預かりします。
下の写真が回収したアンケートです。
ありがとうございます。
       

医師たちと私たちの統計に基づく本を発刊 統計から見える処方の現状 2015年度版
できるリカバリー できないリカバリー 発刊
精神神医療は誰のために,何のためにあるのか.原点を共に考える試み


 定価 2000円(税別)

≪今回発見された病者・障害者の状況≫

1.出来るリカバリー、出来ないリカバリー、病者の考えることは信じられていたリカバリーとは大きなギャップ

2.病棟転換型住居施設の内容説明後、知らないが約70%、内容を知ったら入りたくないが80%を超えていた。

3.睡眠薬の依存傾向はどの処方薬より高い。

4.患者が望むいい主治医とは・・・1000人の記述に驚き

『精神医療は誰のため?』ユーザーと精神科医との「対話」
協同医書より出版

話し合うことから始まるなにか・・
精神医療ユーザーが実感する医療者との隔たりは何から生じているのか,その意味は何なのか.双方が場を共にし,ユーザーによる実態調査の結果を交えながら様々な問題を話し合った貴重な記録
NPO法人全国精神障害者ネットワーク協議会 
〈精神科医〉伊藤哲寛・上田啓司・野中猛,
 〈座長〉八尋光秀
 
 2,700円(税込)

{特別分析}
リカバリーを多くの人たちに体験していただきたいと思います。
本来の当事者の思うリカバリーを周囲が理解することによって当事者自身が望むリカバリーが簡単に可能になります。
ある法律ができたときからリカバリーは自己実現から就労や一般の人のような生活ができること、たとえばリハビリテーションと近い位置づけになってしまいました。
今一度今回の調査分析を皆さんに見直していただきたいと思います。
リカバリーの定義は一人ひとり違うことを確信していただければ幸いです。

■  2015年度書籍のご紹介 10周年記念■

恋愛・結婚・子育
 病人1000人のつぶやき
~2004年・2013年 追跡比較調査報告書~

      平成27年度 当事者による
      ピア・サポート交流研修会のご案内

1 と き  平成27年9月6日(日) 10:00~15:30     9:30~)
2 ところ  玉名市民会館(第二会議室)
〒865-0016熊本県玉名市岩崎152-2
3 内 容   
1)   基調講演 
テーマ:恋愛結婚子育て 全国1000人の当事者統計から2)   一人一言三分間スピークアウト

3) 和風ランチョン交流会
  (食事をしながら楽しくおしゃべりしましょう

4) 交流テーマ分科会
[テーマ別分科会]
1. 恋愛・結婚・子育て  コーディネーター   山梨   
2.薬と生活のリズム   コーディネーター   森

3.権利擁護(仕事)   コーディネーター   徳山   
5)全体会 分科会報告・パネルディスカッション 
4 対象者  何らかの障害を有している方と関係者          
当事者が生きるのを邪魔しない方・一緒に仲良くしたい

主催 :特定非営利活動法人全国精神障害者ネットワーク協議会、回復者クラブ虹の会共催:荒尾・長洲地域精神障がい者家族会、  玉名地域精神障害者家族会
協賛 :  熊本県有明保健所、  玉名市役所、
 荒尾こころの郷病院、 有働病院、  城ケ崎病院 、  玉名病院、 NPO法人荒尾きぼうの家、  NPO法人玉名きぼうの家、たまきな荘就労支援センター風工房、地域活動支援センターふれあい、  就労継続支援A型 あおぞら
パンフレットをどうぞリンク

無事終了いたしました。
多くのご参加ありがとうこざいます。

表紙/色上質特厚  
 A4総110ページ、
価格5000円【税別】

パンフレットをどうぞ

ご購入は販売サイトにどうぞ

精神病者の恋愛・結婚・子育ては、国において
も詳しい調査がされていません。

正しく言えば、過去婚姻率などの簡単な調査が
行われただけです。

私たちは、2004年と2013年のアンケート調査で
全国から郵送回収しました。この追跡調査の2
部に渡る調査編と、比較統計を加えた3部構成と
なっております。

実際に読んで頂ければ分かると思いますが、
純粋な統計集として、発刊することにしました。

新刊発刊しました。2014年9月17日

精神医療ユーザーアンケート1000人の現状・声 シリーズ
統計から見える処方の現状
~統合失調症とうつ病の比較~2014年版

完売2010年版!パート2遂に発刊!!
 病者が知っておくと役にたつ
        身体と薬の付き合い方~
                               

パンレツトダウンロードはこちらをクリック


ご購入はより願います
パンレツトダウンロードはこちらをクリック
ご購入はより願います。

≪今回発見された病者・障害者の状況≫
・うつ病も統合失調症と同じ軟磁性の病気だった。
・持効性注射剤(デポ剤)は当事者の中で認知されていない。
・抗精神病薬は止められない。(平均18.9年間のみ続けている)
・再発したら半数以上の当事者が精神病院に再入院している。
・当事者は就労・就学を一番望んでいる。
・ジェネリック医薬品に変更しても治療費は変わらない

★調査概要★
・実施時期:平成25年12月5日~平成26年2月28日
・調査方法:アンケート式調査票を全国の患者会
当事者会へ郵送発送、回収調査   
 ・調査対象:941団体6009票
・回答者数:1106人(回収率18.4%)
・有効回答者数:1025人(未回答者72名、
無効回答者2名、入院者7名を無効回答として除く)
★設問内容★
「統合失調症の方限定設問」「うつ病の方限定設問」「治療期間」「リカバリー」「病状悪化時の経験」「残薬」「服用確認」「剤形」「医療負担」「現在の処方薬」「現在の処方量」「ジェネリック薬」「医師との関係」
(総設問数62問)


★調査概要★
実施時期:平成24年12月15日~平成25年3月4日

調査方法:アンケート式調査票を全国の患者会当事者会へ郵送発送、回収調査   
調査対象:788団体5223票
回答者数:958人(回収率18.34%)
有効回答者数:951人(無効回答者2名、入院者5名を無効回答として除く)
分析ソフト:即析2
★設問内容★
「身体的健康」「喫煙状況」「現在の処方量」「ジェネリック薬」「うつ病限定の設問」「双極性障害限定の設問」「製剤・剤形ニーズ」「持効性抗精神病薬(デポ剤)」「初めての治療」「服薬状況」「リカバリー」「病状悪化時の経験」「統合失調症の方限定設問」「再発と予防」 「基本属性と関連設問等」(総設問数60問)

A4使用コーティングカラー表紙製本総95ページ、価格2,000円【税別】

 精神医療ユーザーアンケート1000人の現状・声 シリーズ
8回 精神医療ユーザーアンケート調査報告書 2013年度版 

さるでも分かる!!精神障害者人権白書
~まさかの時の人権マニュアル~
暴かれた!!精神障害者への権利侵害!!

★調査概要★

■実施時期:
20111215日~20123
5
■調査方法:
アンケート式調査票を
全国の地域生活者(入院者を除く)

患者会・当事者会へ郵送発送、回収調査調査対象:788団体 5223
回答者数:1058人(回収率20.3
A4使用コーティング二色表紙製本総121ページ価格1,000円【税別】

パンレツトダウンロードはこちらをクリック
ご購入はより願います。
自治医科大学、半澤節子教授よりお手紙をいただきました。 ご了解をいただき紹介させて頂きます。

NPO法人全国精神障害者ネットワーク協議会
             調査研究事業部のみなさま

NPO法人全国精神障害者ネットワーク協議会 調査研究事業部でまとめられた貴重な報告書、「サルでもわかる!!精神障害者人権白書:2013年度版まさかの時の人権マニュアル」をお送りいただき、ありがとうございました。
 早速興味深く拝見いたしました。入院形態、退院請求、処遇改善請求、行動制限(隔離、拘束)、入院中の人権侵害、地域生活における人権侵害と、これまで公表されてこなかった実態をとてもよく伝えていると思いました。編集に携わったみなさまのご苦労と知恵の結晶ですね。すばらしいと思いました。
 随分前に一度他の報告書をいただいたのですが、版を重ね、飛躍的に内容が濃くなっており、みなさまが主張する内容が明確に伝わってきました。とりわけ、途中途中に、「これまでの編集者のコメント」という箇所は、統計データからわかることの他、編集者の体験談やコメントが加えられ、読者がより具体的にイメージできるようになりとてもいいと思いました。たとえば、p26の「父親に騙されて入院し、看護長から一生入院と言われた」「病気を治そうとすると病気のせいでこうなったと自分を責める」といったエピソードなど、とてもよく伝わってきました。
 学部の授業や、大学院で学ぶ現場の専門職の指導に大いに活用したいと思います。また、精神医療や地域生活支援にかかわる専門職が多く加入している精リハ学会でも、話題にしていきたいと思っています。
 これからもご教示いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。  みなさまの益々のご活躍をこれからも応援していきたいと思っています。 
平成25年9月17日
             自治医科大学看護学部 半澤節

平成26年度 無事終了しました。
    仲間同士で生きる力をよみがえらせる
    ピア・サポート交流研修おおいたのご案内
障害学会第10回大会(2013年度)
■日時:
 2013年9月14日(土)・15日(日)
■場所:
早稲田大学戸山キャンパス
〒162-8644 東京都新宿区戸山1-24-1 36号館・32号館
【感想】
・三名の発表をいたしました。
・障害の理解度があまりない、基本的な統計調査を知っているか、統計知識があるかなどの当方にとっては全くお門違いな質問もありました。(障害者でも背景の専門家がいないものは知識もない決めつけるのでしょうか。または背景の知識を借りて学会にいる大学に努める障害者の学会なのでしょうか。)
・障害者が専門的な分野に進むとき、大学で働くか学位を取らなければ認めない的な障害学もアカデミックを売りで行こうとする考えこそ、健常者以上バリアを作っていることに気が付いてほしいと思いました。(学会員の一部の方ですが・・)
・私は常に一般の市民生活現場の中で学んで行きたいと思います。
1. と き  平成26年3月29日(土) 
  10:00~15:30(受付 9:30~)
2 ところ  別府市社会福祉会館
       (多目的大広間、会議室)
    〒874-0908 別府市上田の湯町15番40号
        TEL(0977)26-6070
3 内 容
1) 基調講演
2) 一人一言三分間スピークアウト
3) 和風ランチョン交流会
(食事をしながら楽しくおしゃべりしましょう)
4) 交流テーマ分科会
 1.恋愛結婚子育て・・障害があっても結婚できる、              恋愛できる、子育てできる
 2.薬と健康・・体を壊さない薬物療法
 3.権利擁護は身近なもの・・望む権利、地域社会
 4.対象者 何らかの障害を有している方や家族、支援者
当事者が生きるのを邪魔しない方・一緒に仲良くしたい

第20回
日本精神障害者リハビリテーション学会 
神奈川大会
 

・11月16~18日  
 一般演題 口頭発表に伺いました。
 障害学会第9回(神戸)大会(2012年度)
10月27日28日
 一般演題 発表 徳山、藤田、山梨
□9:30~10:45 一般研究報告[4]当事者による当事者調査研究・ユーザーの研究発表は初めてとの事てす。充分な評価をいただき有難うございます。
 全精福祉ネット 
・9月8日九州産業大学
 シンポシュウム講師派遣しました
 リカバリー全国フォーラム2012
 ・2012年8月24日(金)
 第9分分科会
 薬をつかいこなす。講師派遣しました。
 新刊精神医療ユーザー・アンケート
「ユーザー1000人の現状・声」シリーズ
精神科薬とリカバリーの現状
2012年度版調査報告書

第7回全国調査報告書 2011年度版
地域生活者1000人の現状
~薬を使ってリカバリーできる?~

好評にて終了しました。
ご参加ありがとうございます

平成24年度ピアサポート交流研修会のご案内
テーマ
「生きる!」
~~仲間と支えあって自分たちで~~

 と き  平成24年12月1日(土)
       13:00~17:00   (受付 12:30~)
2 ところ  九州ルーテル学院大学       
     〒860-8520 熊本市中央区黒髪3-12-16
                TEL(096) 343-16003 
3.内 容   
1) 20分 生きる入門講座
  テーマ
「全国1000人の現状・声調査報告を7年間つづけて見えてもの」
2).交流テーマ分科会
   1.恋愛結婚子育て        ・・私たちも一般と同じ生活史を
   2.薬を上手に利用する      ・・使いまわしができる薬物療法
   3.権利擁護は身近なもの    ・・望む人権と実生活
   4.分科会発表と意見交換会
4. 対象者  当事者(精神医療ユーザー)
          当事者が生きるのを邪魔しない方
5. 参加費用 イベントサイト参照 
     (事前申し込み、全て無料)
      ※当日一部有料         
       昼食は各自で準備ください
      懇親会もお安く用意しています。

地域生活者1000人の現状「リカバリーと
薬物療法、実態を知って使うが実現」

まずは紹介ページへどうぞ」

A4使用コーティングカラー表紙製本総95ページ、価格2,000円【税別】

    
団体概要
NPO法人全国精神障害者ネットワーク協議会略称「NPOゼンセイネット」)は、何を目的とした団体で、どのような組織構成になっているのかを紹介しています。
団体の趣旨とは
NPO法人全国精神障害者ネットワーク協議会略称「NPOゼンセイネット」)の活動方針紹介です。
活動紹介
当会が活動している主な部分を紹介しています。
団体概要
何故当事者が当事者のための調査が大切かを紹介しています。

調査報告書の紹介
精神医療ユーザーアンケート・「ユーザー1000人の現状と声」調査報告書の紹介ページです。生活の質の向上を求めた調査の結果です。

調査事業の最新紹介
調査事業について最新の紹介をしています。
会員・賛助会員の募集
私たちと一緒に活動しませんか?
NPOゼンセイネットリンク集
NP0ゼンセイネットに関連しているホームページを紹介しています。

アクセスカウンター  累計: アクセス合計 本日:本日の訪問者 昨日:昨日の訪問者
(2006.7.6設置)

お問い合わせはこちらへ

NPO法人 全国精神障害者ネットワーク協議会
【福岡事務局】〒820-0021 福岡県飯塚市潤野288-1-101
TEL 0948-25-8939 FAX 0948-25-7899