トップページへ 精神医療ユーザーアンケート1000人の現状と声2版紹介 立ち読みコーナー お買い求めはこちらへドウゾ! お買い求めはこちらへ
当事者自身の調査がなぜ大切なのか? メールでお気軽にどうぞ!

会員募集

寄付募集
お知らせ なにやっているかな?? 連絡先 まずはどうぞ リンク集はおもしろい サイトマップ

  精神医療ユーザーアンケート1000人の現状と声シリーズ 患者が望む薬 2011年度版調査報告書


 
ウインドショッピングへ
精神医療ユーザー・アンケート
「ユーザー1000人の現状・声」シリーズ

患者が望む薬

調査報告書2011年度版

著作:NPOゼンセイネット調査研究事業部

定価 2,000円(税別)
2011年8月17日発行・A4判・82ページ

目次へ

立ち読みへ

メールお問い合わせ

パンフレットへ

 

地域生活者1000人の体感的現実
「その本人からの生の統計教本」!

〜 地域生活の中で「いる薬・いらない薬」 〜


新たに発見された問題ともいえるのニーズ…


回答者の過去約7年間の年齢変異
・統合失調症とうつ病にかかる男女別の割合はほとんど変らない
・うつ病は短期間で薬物療法が終わるか
・知っていますか精神科薬の量の多さ
・昨年度との多剤多量比較
・先進国との比較
・ジェネリック医薬品のメリットを考える
・困っている症状、邪魔する症状
・合併症による内臓の悲劇
・相変わらずの医師かからの説明について

  
〔調査内容〕
(1)実施時期:2010年12月21日〜2011年2月28日

(2)調査方法:アンケート式調査票を全国の地域生活者(入院者を除く)
         患者会・当事者会へ郵送発送、回収調査

(3)調査対象:10歳以上の地域生活精神医療ユーザー約1,000名
          全国の障害者および病者団体とその周辺の当事者
(4)配 票 数:769団体 4760票
(5)回答者数:
1034人(回収率:21.7%)

【目  次】

第1章 調査概要
  1)研究目的
  2)調査研究体制
  3)調査内容
  4)病者や障害者の本人だからできる調査研究事業
  5)国や研究者が実施した統計との違い
  6)今回発見された病者・障害者の状況

 各調査研究員の考察(障害当事者研究員)

第3章 調査結果
  【基本属属性】
  [服薬量(5問)]
  [剤型や新薬の希望(9問)]
  [ジェネリック医薬(4問)]
  [抗精神病薬を服用している方限定(15問)]
  [薬で併発する病状(4問)]
  [統合失調症と診断者限定設問(17問)]
  
  【不回答者】
  今回のアンケートに回答をされなかった理由
第4章 記述式回答(自由記述)
  身近な突然死についてなど

資料 アンケート用紙

<<特集>>
・回答者の過去約7年間の年齢変異
統合失調症とうつ病にかかる男女別の割合はほとんど変らない
うつ病は短期間で薬物療法が終わるか
知っていますか精神科薬の量の多さ
昨年度との多剤多量比較
先進国との比較
ジェネリック医薬品のメリットを考える
困っている症状、邪魔する症状
合併症による内臓の悲劇
医師かからの説明について